検索

当財団の顧問に選出されたメンバー


2018年12月7日 本日開催した理事会にて、Yisrael Meir Lau師、Eliezer Yehuda Finkel師、David Wople師、白井克彦氏、岡崎真雄氏、月原紘一氏、徳川家広氏を当財団の顧問に選出しましたので、お知らせします。


Eliezer Yehuda Finkel師は、イスラエル最大の神学校Mir Yeshibaの学部長。アビブのチーフRabbi、ヤド・バシェムのチェアマンを務められています。 David Wople師は、米国ロサンジェルスのシナイテンプルのシニアRabbi。米国で最も影響力のあるRabbi(ニューズウィーク誌)に選ばれ、TMIE.comのコラムニストでもあります。  白井克彦氏は、早稲田大学第15代総長、放送大学学園理事長を経て、現在、日本電信電話株式会社(NTT)の取締役をされています。

岡崎真雄氏は、ニッセイ同和損害保険㈱と同和火災海上保険㈱の代表取締役会長を経て、現在、あいおいニッセイ同和損害保険㈱の顧問をされています。  月原紘一氏は、㈱住友銀行(現、㈱三井住友銀行)の副頭取、三井住友カード㈱代表取締役会長を経て、現在、三井住友カード㈱の顧問をされています。 徳川家広氏は、徳川宗家の出身で、現在、公益財団法人徳川記念財団の理事をされています。

26回の閲覧