検索

ロータリークラブで講演会を行いました

本日、東京新宿ロータリークラブ様の定例会があり、当財団の評議員長の大新田納氏が、「インテリジェンス・オフィサー 杉原千畝」と題した講演を行いました。


杉原千畝は、数多くのユダヤ系避難民に日本通過ビザを発給したことで有名ですが、彼が独ソ両国の動向を探っていたインテリジェンス・オフィサーであったことは余り知られていません。


今回は、一次資料などを駆使して、リトアニアのカウナスと東プロイセンのケーニヒスベルグにおける杉原千畝の諜報活動を具体的に取り上げました。そして、今行われているウクライナ戦争でも、衛星やドローン、インターネットなどを駆使したインテリジェンス活動が非常に重要であることに言及しました。


閲覧数:0回